10代の学生さんもニキビや肌荒れに悩んでいて、フェイシャルエステでつるつるお肌を手に入れたいという方は少なくないでしょう。でも、学生でもエステサロンに行くことはできるのでしょうか?

10代の未成年でもフェイシャルエステを受けられるのかどうかをご紹介していきます。


未成年でも施術は可能なの?

10代の未成年の場合、フェイシャルエステの施術を受けられるかどうかはエステサロンによって異なります。ほとんどのエステサロンが、未成年の施術に関しては、保護者の同伴か、同意を得ることが必要とされています。

中には、どんな年齢の方も施術を受けられるというサロンがありますが、そうしたところは悪質な可能性もありますから、あまり信頼できないかもしれません。

どうして未成年は親の同意がいるの?

未成年でもお金が支払えられれば、契約できるのでは?と思われるかもしれません。しかし、法律で未成年の場合は、契約行為が禁じられています。

責任能力を問うことができないからです。また、10代の特に中高生の年齢の時は、体がまだ成長期にあります。

そして、ホルモンバランスも安定していません。ですから、肌質も不安定な状態です。そのような時に施術を受けると、かえって肌の状態が悪化する可能性も否めないでしょう。

人気エステサロンの規定をご紹介

では、人気エステサロンの未成年の場合の対応についていくつかご紹介します。

・TBCの場合
TBCは、15歳以下(中学生以下)の場合は、親権者の同席が必要です。15歳(中学生を除く)から19歳までの場合は、親権者の同意が必要で、承諾書がいります。そして、電話で親権者に確認が行われます。

・POLAの場合
POLAは、未成年の場合は、親権者の同伴か同意が必要です。

・スリムビューティーハウスの場合
スリムビューティーハウスは、未成年は受け付けていません。また20歳以上でも学生の方は受けられません。

・ミスパリの場合
ミスパリでは、未成年の高校生でも親権者の同意書があれば施術を受けられます。

・たかの友梨の場合
たかの友梨では、未成年の場合は、保護者の同伴が必要です。22歳以下の学生さんは、保護者の同意を確認します。

未成年の方はエステサロンに確認を!

未成年の方で、フェイシャルエステを受けたい場合、可能かどうかをご紹介しました。エステサロンによって、定めている基準は異なりますので、ご自分が通いたいサロンに確認しましょう。

また、決して安いものではなく、体にも影響を与えるものですから、親御さんとよく相談してから行うようにしてくださいね。