妊娠中も美しい肌を保ちたい!でも、妊娠中に肌荒れが起きて、キレイにしたいけれど、フェイシャルエステに通ってもいいの?という疑問をお持ちですか?

そこで、妊婦さんもフェイシャルエステを受けてもよいのかどうかをご紹介していきます。


妊娠中のフェイシャルエステは可能?

妊娠中にも時期や体調によっては、フェイシャルエステを受けることは可能です。妊婦さん用のプランを設けているエステサロンもあります。

結婚式が近づいていて、肌荒れを解消したいという方もおられることでしょう。そのような方も受けられる妊婦さん用のブライダルエステのコースなどを設けているサロンもあります。

ただし、施術内容に注意する必要もあるのは確かです。妊娠中は、やはり母体と赤ちゃんの体調が大切ですから、赤ちゃんに影響を与えるような施術、またお母さんに負担がかかるような施術は避ける必要があります。

妊娠中期ならエステは可能かも!

妊娠初期はまだ安定しておらず、つわりがある方も多いので、この頃にフェイシャルエステを受けることはおすすめできません。匂いなどにも敏感になっている頃ですから、気持ちが悪くなったり体調を崩したり、肌への刺激も普段ならなんともないことでも強く感じてしまうことがあるでしょう。

フェイシャルエステを受けるなら、妊娠中期、5か月から7か月あたりが良いかもしれません。お腹の大きさの点でも体にかかる負担はまだ少ないかもしれませんし、体調が良い時にフェイシャルエステを受けるのはリラックス効果もあるはずです。
ただし、妊娠中にフェイシャルエステに行きたい場合は、まず医師に相談してから行うほうが安全でしょう。

妊娠中におすすめできない施術内容とは?

妊娠中にフェイシャルエステを受けることは可能ですが、おすすめできない内容もあります。それは、マシンを使ったフェイシャルエステです。

超音波などのマシンを使って美肌にする施術が様々ありますが、これらは赤ちゃんへの影響が心配されます。そのため、妊娠中のフェイシャルエステはオールハンドのものがおすすめです。

妊娠中にエステサロンに通いたい場合は、まず最初に必ず妊娠していることを伝えてください。そうすれば、それを考慮したプランをすすめてくれたり、無香料のケア商品を使ったり、体に負担にならない姿勢で施術を受けられるようにしてくれたりするはずです。

妊娠中は無理にない範囲でエステを受けよう!

妊娠中にフェイシャルエステを受けられるかどうかをご紹介しましたが、参考になりましたか?妊娠中も、時期や内容によっては可能です。

ご自身の体調や赤ちゃんへの影響などを考慮した上で、エステティシャンともよく相談して施術を受けるようにしましょう。