エステサロンで契約をしたけれど、家に帰って考えてみたらやっぱりキャンセルしたいと思われる方もおられることでしょう。そこで、フェイシャルエステの契約をした場合、クーリングオフは可能かどうかをご紹介します。


クーリングオフとは?

そもそもクーリングオフとはどのような制度でしょうか?契約してから一定期間内であれば、無条件で解約ができるという制度のことです。

契約したものなどによってクーリングオフができる条件は異なります。

フェイシャルエステでクーリングオフはできる?

エステサロンの場合は、契約した金額が5万円以上で、契約書をもらってから8日以内であれば、手数料がかからずに解約できます。ですから、契約してみたものの、やっぱりキャンセルしたいという方は、クーリングオフ制度を活用するようにしてください。

大抵のエステサロンでは、契約をする際に、クーリングオフ制度についての説明をしてくれます。もし、説明をしてもらえなかった場合は、悪質なエステサロンの可能性もありますので注意しましょう。

また、契約後にクーリングオフを申し出た場合に、なんだかんだ理由を付けて契約期間をずるずる伸ばして、クーリングオフの期間を過ぎさせようとするサロンもありますから、気を付けてくださいね。そして、購入した化粧品などで、自分で開封して使用したものは買い取りになることが多いので、注意しましょう。

クーリングオフの仕方とは?

クーリングオフをしたい場合、どのようにしたらよいのでしょうか?クーリングオフは書面で行います。

クーリングオフの期間内、つまり契約書をもらってから8日以内にエステサロンにはがきでかまいませんから、通知してください。書いたはがきは、両面ともコピーをして簡易書留など、確実に送ったことを確認できるような方法で送付し、コピーと受領証を一緒に保管するようにしましょう。

簡単にクーリングオフの仕方をご紹介しましたが、消費者センターに相談すると手続きの仕方などをきちんと教えてくれますから、お住いの都道府県の消費者センターに問い合わせるようにしてください。

クーリングオフは可能!でも契約は慎重に

エステサロンにて勧誘を断り切れずに契約をしてしまった場合、キャンセルをできるかどうかについて取り上げました。もし、キャンセルしたい場合は、条件にかなっていればクーリングオフが可能です。

契約をする際は慎重に行い、もし気持ちが変わったなら制度を活用しましょう。