フェイシャルエステを受けようと思ったけれど、高額なので美容ローンを活用したいとお考えですか?では、この美容ローンは何歳から組むことができるのかをご紹介していきます。未成年の方、学生さんの方、ぜひご確認ください。


美容ローンってどんなもの?

美容ローンとは、そもそもどのようなものでしょうか?エステサロンでは、費用が10万、30万、50万、中には100万円と、施術内容によっては非常に高額になることがあります。現金で支払うには無理がありますよね。

そこで、すすめられるのが美容ローンです。自分が使用しているクレジットカードでローンを組むこともできますが、エステサロンが提携しているクレジットローンでローンを組むこともできる所が多いでしょう。

その場合、金利や手数料などに違いがありますから、どちらがお得かをよく計算するようにしてください。

何歳から美容ローンは可能?

美容ローンを組むことができるのは、基本的には20歳からとなっています。ですから、未成年の方は、美容ローンを活用するのは難しいでしょう。

エステサロンの契約自体、未成年は契約をすることができません。また、成人していても安定した収入のない方は、美容ローンを組むことができないでしょう。

フェイシャルエステを受ける際、高額になる場合もありますが、きちんと支払い能力のある収入が安定している成人した方は、自分名義で美容ローンを組むことが可能です。未成年の方で、契約して美容ローンを活用する場合は、親権者の方か配偶者の名義になるでしょう。

フェイシャルエステの施術自体は未成年でも可能!

美容ローンを組むことは基本的に20歳からとなりますが、施術を受けることは可能です。エステサロンによって定めている年齢は異なりますから、ご自分が行きたいところは何歳から行ってくれるかを確認するようにしてください。

ただし、先ほども述べましたが、契約は20歳以上となっています。エステサロンによって、親権者の同意書が必要な所、親権者の同伴が必要な所など様々です。

ですから、未成年の方は、高額な費用も掛かることですから、親御さんと相談して決めるようにしましょう。また、もしエステサロンから親権者の同意などが必要ないと言われる場合、悪質なエステサロンの可能性も考えられますから、注意してください。

美容ローンを組むのは20歳を過ぎてから!

美容ローンを何歳から組むことができるかをご紹介しました。美容ローンを活用してフェイシャルエステを受けようと計画している方は、ローンを組める条件にかなっているか、支払い能力があるかどうかを確認して慎重に考えて決めるようにしましょう。